WRO OSAKA

FAQ

ルールに関するお問合せについて

お問合せはこちらから


【注意事項】
 お問合せの内容について、WRO大阪統括実行委員会で検証を行い、各種ルールの解釈が困難であり、全ての参加者に通知する必要があると
 認められた場合に、FAQに掲載致します。また、お問合せ内容に関する個別回答は行なっておりません。
 お問合せ後、1週間が経過してもFAQに掲載されていない場合、お問合せ内容がFAQ掲載の対象外とご判断下さい。

2022.07.24
【 Q 】
 ジャイロセンサーをリセットしてからプログラムをスタートさせることは可能ですか。


【 A 】
  競技開始直前に、ジャイロセンサーなどのリセットプログラムを実行することは可能です。
  但し、ロボットをセットする前に、審判にそのスタート方法を伝え、審判の指示があってからRUNボタンを押し、プログラムを起動してください。
  また、競技開始時は、審判のスタートの合図があってから、必ず中央のボタンを押し、ロボットを走らせるようにしてください。
  詳しくは、WRO Japan 2022大阪公認予選⼤会 基本ルール-Rev.1.1  9.競技 (5) 競技開始は次の手順で行う」をご確認ください。

2022.07.24
【 Q 】
 Obstacle elements が競技中に取れた場合はどうなりますか。


【 A 】
 競技開始前に60秒間、ロボットセットアップ、競技フィールドの確認を行う時間が与えられます。
 その時、Obstacle elements の貼り付け具合も確認することになります。
 競技途中で故意ではなく取れてしまった場合は、そのまま競技続行となります。
 但し、故意に Obstacle elements を外したと確認できる場合は、競技コートの破損という判定で、
 そのラウンドは「Exhibition」(出走できるが記録はつかず0点)となる。

2022.07.04
【 Q 】
 車検時、ケーブルは車検ボックスの内側の面に触れてはいけませんか。


【 A 】
 WRO Japan 2022 大阪公認予選会(2地区)では、車検時、ケーブルは車検ボックスの内側の面に触れてもよい。
 但し、WRO Japan 2022 決勝大会in浜松に選抜されたチームは、WRO 2022 Japan 共通ルールを遵守してください。  

WRO大阪統括実行委員会

〒540-0008
大阪府大阪市中央区大手前1-3-20
(追手門学院大手前中・高等学校内)
お問合せ
Click